女性への免疫を養うことがスムーズな卒業への糸口です。

百聞は一見に如かず、さらに百見は一行に如かず

童貞は卒業したい。
でも、方法がわからない。

 

 

風俗を利用

まず女性と話すと緊張してしまうし、セックスの仕方も分からない。

 

こんな時は、やはりプロに任せるべきだと思う。

 

プロ、つまり風俗である。

 

 

 

個人的に風俗が好きで、今でも年に3~4回行く。
サービス内容にもよるが、だいたい2万円あれば、本番以外のことは試せるだろう。

 

童貞だと、まず個室に女性と2人きりになる状況だけで萎縮してしまう。
服の脱がせ方も分からない。

 

その点、プロである風俗嬢は慣れたもの、緊張を解きほぐすように接してくれ、、脱がせ方も教えてくれるだろう。

 

 

女性の服を脱がせる機会、そうそうあることではないので、自分の場合は
「あなたの服を、僕が脱がしたい」と、正直に言う。

 

少し「めんどくさいな・・・。」という表情をされることがあるが、高い金を払っているのはこちらであり、
禁止行為以外は精一杯楽しみたいと思うのは当たり前である。

 

 

制限時間内は好きなようにイジりたおす。
女性の体は、どこをどのように触ったら反応し、感じ、性器が濡れるのか、知ることができればそれでいいと思う。

 

 

「女性の体に触れまくった」
「感じてくれた」
ということが、自信につながる。

 

 

 

 

アホらしいような話にも聞こえるが、経験というのは大事なことである。

 

いざ童貞卒業、という場面に遭遇した時、ある程度は大胆な行動と勇気が必要となる。
その際、たとえお金を介したとはいえ、その経験が自分を後押ししてくれる。
最初は早漏になるというが、プロ相手ならそこまで恥じらいもないのではないだろうか。

 

「百聞は一見に如かず」という有名な言葉があるが、実はこの言葉には続きがあるとされる。
「百見は一行に如かず」である。

 

 

物事の取り組みに際し、百回聞くよりも実際に見たほうが良い。
百回見るよりも実際に一回自分でやって見るほうが良い。

 

 

今はネットにアダルト動画が流れ放題、「見聞きする」だけならいつでもできるが、セックスの実技に関しては、なかなか恵まれることはない。
童貞卒業のために自分に自信をつける。

 

やはり、それに対してはある程度金銭的負担を要すると思う。
2万円で自信がつくのなら、安いものだと思うのだが。